たまきBLOG

会社の窓のそとで

2016/07/26

会社は札幌市東区中沼町、128号線に面し豊平川と石狩川の合流地点の近くにあります。会社のすぐ裏にやちだもの高い木立があり毎年窓を開ける時期になると網戸越しに美しい小鳥達のさえずりが聞こえます。 雁がV字型で、白鳥もクゥクゥクゥと鳴きながら渡って行ったりもします。ボーボーズッボッボーの土鳩やカッコーカッコーとカッコウも鳴きます。  まるで高原にいるような中で仕事をしています。 今年はその高原に電気ドリルの様なドルルルドルルルと異様に響く音が。今のは何?? 近くで工事が始まった?違う!よーく観ると 頭とお腹の下が赤いキツツキのあかげらが樹の幹に猛アタック!コツコツコツなんてゆっくりじゃありません。ドルルルの連続!あんなに小さい鳥があんなに激しい音を出すなんて首は大丈夫? 心配をよそに巣穴が完成したのでしょう、ピィーピィーひなの声が聞こえるようになりました。それからはピィーピィー、ドルルルドルルル、の連呼。ピィーはお腹すいたよー、ドルルルは今探してるからねー 巣穴のそばにカラス!ビービー怖いよー 父さんと母さんはカラスの4分の1位の体格なのに2羽で強敵を追い払います。窓から5、6メートル程の至近距離のあかげら一家のにぎやかな子育て。7月始め、子供達が巣穴から顔を出すようになって数日、月曜日出社してみるとピィーもドルルルもまったく聞こえず気配もなくなっていました。無事巣立った子供たち立派に大人になってね。

 街から少しはずれますが、美味しいコーヒーを淹れています。

                     すいかジュース

CIMG2853

アカゲラの親

CIMG2857

顔を出した雛

Powered by WordPress. Design by NCSIU.com and ICE,INC

Copyright © 2011 TamakiUnyu Inc. All rights reserved.