たまきBLOG

よかれと手助けが迷惑...

2014/08/19

 

わかっているはずなのに、周りを見ずにする親切こころが

仇になることがよくある。

このところ暑さが続く、31度もった日に母に会いに行った。

その老人施設で「寒いさむい」と大声で叫んでいた人がいた。

手をすりあわせていたので、「寒いの」と、声を掛けて手を取

ると「何するんだ」と大声で怒鳴られた。

ビックリしたが、私の声が聞こえていなかったらしい、もう一度

「寒いの」いいながら「手をとったのだよ」と、いうと爺さんは、

ニコニコ顔になった。

チョットした親切心でする行動が、一瞬の誤解を与える事が

あるのだと知らされる場面だ。

何も、相手が年寄りだからではなく、自分の都合からくる合理

的行動が起こすな安易な判断だったかも知れない。

それとも、誰かに声を掛けて、別な人に援助を求める役割を

しても良いのだろう。そこまで考える必要があるのかと。

ある程度の肝を据える行動が、いつも求められて要るのかも

知れない。

そのような思考回路が出来上がってしまうと、どのような相手

とでも話がうまくいく。

施設で働いている人達は、人生の最終の手前の人達を相手

に介護している。その事を身をもって実行している人達なの

だと、改めて彼らに頭が下がりました。

 

 

春風するめ

Powered by WordPress. Design by NCSIU.com and ICE,INC

Copyright © 2011 TamakiUnyu Inc. All rights reserved.